FC2ブログ
ホーム   »   海外の対応  »  東日本大震災:タイが無償貸与、ガスタービン発電施設が川崎港に到着 /神奈川
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


いつもお読みいただきましてありがとうございます。

原発関連ニュースをお知らせ致します。

 東京電力福島第1原発事故などの影響で電力不足が予想される夏を前に、タイ電力公社「EGAT」が東電に無償貸与したガスタービン発電施設1基が20日、川崎港(川崎市川崎区)に到着した。分解されて運ばれたタービンは3日かけて積み下ろされ、東電川崎火力発電所(150万キロワット)に設置される。
 これで発電量は一般家庭3万〜4万世帯分に相当する12万8000キロワットが加わることになる。電力需要が高まる8月までに運転を開始するために、基礎工事や燃料を供給するガスパイプの設置が急ピッチで進められる。
 東電は「全国から発電施設をかき集めているところ。支援に感謝したい」と話している。【高橋直純、写真も】

5月21日朝刊





最後まで、ありがとうございました。

早く終息するといいですね。





NEXT Entry
B—1地域大会、被災地の焼きそばも参戦
NEW Topics
川内原発再稼働、市民の反対の声強まる—中国メディア
再稼働の川内原発「臨界」到達…14日発電開始
原発再稼働、経済界は歓迎…電気料金上昇重荷に
川内原発が再稼働、正門前では約200人が抗議=欧米ネット「原発は再稼働し、民主主義は停止した」「やっとだな!原発の再稼働は進めるべき」
脱却「原発ゼロ」(中)収支改善、焦点は「玄海」へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930