FC2ブログ
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト福島原発の状況  »  7月の発受電電力量、7ヶ月連続のマイナス
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 11日の午前10時半、国内の原子力発電所として1年11ヶ月ぶりに、鹿児島県にある九州電力 の川内原子力発電所1号機が再稼働した。11年3月11日に発生した東日本大震災の月命日に再稼働させたことに対して批判の声も挙がっているが、その日はこの国で再び原子力発電所による電力供給が開始された日となった。そしてこの川内原子力発電所1号機の再稼働は、東日本大震災後の新規制基準下で初の再稼働でもある。

 14年9月、川内原子力発電所は全国で初めて新規制基準を満たすと認められ、1号機では15年3月より原子力規制委員会の使用前検査が行われていた。その後、7月に核燃料が原子炉に搬入され、今月11日に再稼働するに至った。11年の東日本大震災発生後、まもなく国内の原子力発電所はすべて停止。電力不足に陥った関西電力 が福島県にある大飯原子力発電慮の3号機と4号機を一時的に再稼働させたが、その後13年9月に再び停止となった。

 こうして、とうとう国内で原子力発電所による電力供給が開始されたわけだが、足元の発受電電力量はというと、7ヶ月連続で前年を下回る結果となっている。12日、電気事業連合会が7月の発受電電力量(速報)を発表。それによれば、電力10社合計の発受電電力量は前年同月比2.4%ダウンの779億9000万キロワット時であり、7ヶ月連続のマイナス。西日本を中心とする天候不順により気温が前年よりも低めに推移し、冷房需要が減少したことが影響したものとみられる。
 
 電源別に見てみると、火力発電が前年同月比7.1%ダウンの534億9000万キロワット時、水力電力が前年同月比8.2%アップの66億4000万キロワット時、原子力発電は22ヶ月連続でゼロという結果であった。

 また電力会社別に見てみると、沖縄電力 が前年同月比6.2ダウンと、最も減少率が高かった。そのほか、北海道電力 が前年同月比5.6%ダウン、関西電力が前年同月比5.5%ダウンという結果であった。電力10社のうち、8社が前年同月を下回った。

 川内原子力発電所が再稼働したことで、この国の電力事情がどう変化していくのかは今後の展開を待つしかないが、もうあの時のような悲劇的な事故が繰り返されないことを願うばかりである。(編集担当:滝川幸平)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150814-00000022-economic-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



NEXT Entry
<小出裕章さんに聞く>「原子力は破滅的なだけでなく差別的なもの」
NEW Topics
川内原発再稼働、市民の反対の声強まる—中国メディア
再稼働の川内原発「臨界」到達…14日発電開始
原発再稼働、経済界は歓迎…電気料金上昇重荷に
川内原発が再稼働、正門前では約200人が抗議=欧米ネット「原発は再稼働し、民主主義は停止した」「やっとだな!原発の再稼働は進めるべき」
脱却「原発ゼロ」(中)収支改善、焦点は「玄海」へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。