FC2ブログ
ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト福島原発の状況  »  <神戸市議会>政活費の領収書住所に業者不在…会派の支出先
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 神戸市議会の自民党系会派が調査や印刷の委託費として、2012〜14年度、政務活動費から約660万円を支出した業者が、収支報告書に添付した領収書の住所に存在しないことが1日、分かった。委託していたベテラン市議(現在は別の自民会派に所属)は「知人が幹部を務める会社に約5年前から電話アンケートを委託した。会社には行かないので、場所は把握していなかった」と釈明している。

 政務活動費の収支報告書によると、「自民党神戸」が14年度、大阪市北区の業者に5回分の調査委託費として334万8000円を支出していたが、業者は住所とされる雑居ビルには入居していなかった。委託した14年度の調査の概要は「介護保険料改正に伴う市民意識」や「地域コミュニティバスのあり方と現状認識」などだが、調査結果の詳細について公表する義務はなく、実態は不明だ。

 同じ業者には12年度に1件84万円、13年度に1件210万円を支出。13年度はほかに印刷費として31万5000円を支出していた。

 市議や法人登記によると、この会社は米ハワイに本社があり、すし店などを展開する。市議は「最近まで知らなかったが、業務が縮小したため支店を引き払い、神戸市の自宅で仕事をしていたようだ」と説明。政策について母数3000〜1万件の電話アンケートを委託していたという。市議の知人の業者役員は「7、8年前に自社ビルを売却し、現在は神戸の自宅で仕事をし、アンケもしている。手続きが煩雑なので登記を変更していなかったが、認識が甘かった」と話した。【久野洋】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150701-00000045-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



NEXT Entry
絶えない不祥事 地方議員が“劣化”する2つの要因
NEW Topics
川内原発再稼働、市民の反対の声強まる—中国メディア
再稼働の川内原発「臨界」到達…14日発電開始
原発再稼働、経済界は歓迎…電気料金上昇重荷に
川内原発が再稼働、正門前では約200人が抗議=欧米ネット「原発は再稼働し、民主主義は停止した」「やっとだな!原発の再稼働は進めるべき」
脱却「原発ゼロ」(中)収支改善、焦点は「玄海」へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。