FC2ブログ
ホーム   »   福島原発の状況  »  <セシウム汚染牛>16都府県で肉流通 宮城の稲わらも汚染
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


いつもありがとうございます。

原発関連ニュースをお知らせ致します。

 福島県浅川町で高濃度の放射性セシウムを含む稲わらを与えられ出荷された肉牛42頭の肉が、少なくとも16都府県で流通していたことが15日、自治体などの調査で分かった。このうち山形県と東京都で検査された2頭の肉から食品衛生法の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超えるセシウムが検出された。政府は、19日にも福島県に県全域での肉牛出荷停止を指示する方向で検討している。

 自治体の調査によると、規制値を超えた2頭のうち、東京都で検査された1頭の肉から1キロ当たり650ベクレル、山形県で見つかった1頭からは同694ベクレルのセシウムがそれぞれ検出された。

 42頭の肉の一部は東北、関東、近畿、四国地方などで流通や販売が確認されている。松山市内のスーパーでは5月上旬に仕入れた肉19.1キロを全量販売しており、肉の一部は家庭などで消費されたとみられる。

 一方、宮城県は15日、県北部の登米、栗原両市内の3地点で採取した稲わらから1キロ当たり最高3647ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。水分量を補正しても飼料の暫定許容値(1キロ当たり300ベクレル)を2.7倍上回る同831ベクレル。県は同日、県内の全畜産農家と農協団体に対し、福島第1原発事故後に収集した稲わらを肉牛・乳牛に与えることや、既に稲わらを与えた牛の出荷の自粛を要請した。両市は福島第1原発から約150キロ離れており、稲わらの汚染が広域に広がっている可能性が高まった。【鈴木泰広、佐々木洋、吉永康朗】





お読み下さいまして、あろがとうございます。

また次回お会いしましょう。





NEXT Entry
首相、脱原発「私個人の考え」閣内の不満爆発
NEW Topics
川内原発再稼働、市民の反対の声強まる—中国メディア
再稼働の川内原発「臨界」到達…14日発電開始
原発再稼働、経済界は歓迎…電気料金上昇重荷に
川内原発が再稼働、正門前では約200人が抗議=欧米ネット「原発は再稼働し、民主主義は停止した」「やっとだな!原発の再稼働は進めるべき」
脱却「原発ゼロ」(中)収支改善、焦点は「玄海」へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031