FC2ブログ
ホーム   »   福島原発の状況  »  玄海原発、事故想定し3県合同の防災訓練
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


 九州電力玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)の事故を想定し、佐賀、福岡、長崎の3県は24日、合同の防災訓練を行った。

 住民約1700人を含む計約5000人が参加し、避難に支援が必要な入院患者らの移送方法や、離島からの避難方法などを確認した。同原発周辺の3県が合同で広域避難訓練を実施するのは、2013年11月に続き2回目。

 訓練は、玄海3号機で冷却水が漏れ、炉心を冷やす機能が全て失われたとの想定で行われた。原発内では、九電社員らが、新たに配備したポンプ車などを使い、原子炉格納容器に非常用ホースをつないで水を注入する手順を確認した。

 佐賀県内では、原発から5〜30キロ圏の緊急時防護措置準備区域(UPZ)に七つの離島が入る。このうち原発から約10キロ離れた同県唐津市の加唐(かから)島(島民約160人)では、悪天候で島外避難ができない事態を想定し、放射性物質の流入を防ぐ換気設備などを備えたシェルターに一時避難する訓練が行われた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150124-00050059-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



NEXT Entry
無人ヘリ、マルチな活躍…救命具運搬・施設点検
NEW Topics
川内原発再稼働、市民の反対の声強まる—中国メディア
再稼働の川内原発「臨界」到達…14日発電開始
原発再稼働、経済界は歓迎…電気料金上昇重荷に
川内原発が再稼働、正門前では約200人が抗議=欧米ネット「原発は再稼働し、民主主義は停止した」「やっとだな!原発の再稼働は進めるべき」
脱却「原発ゼロ」(中)収支改善、焦点は「玄海」へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930