FC2ブログ
ホーム   »   福島原発の状況  »  (朝鮮日報日本語版) 原発の部品納品めぐり収賄、韓水原部長に懲役12年
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


 大法院(日本の最高裁判所に相当)第1部は24日、原子力発電所の部品の納品をめぐって便宜を図る見返りに、現代重工業から17億ウォン(現在のレートで約1億8500万円、以下同じ)の賄賂を受け取った罪などで逮捕・起訴された韓国水力原子力(韓水原)=韓国電力公社(韓電)の子会社=のS部長(49)に対する上告審で、懲役12年、罰金35億ウォン(約3億8100万円)を言い渡した二審判決を支持する判決を下した。S部長は韓水原のアラブ首長国連邦(UAE)原発事業団長に任命され、原発に使用される非常用発電機などの購買業務を担当するに当たり、現代重工業の元常務(58)ら6人から「落札できるようにしてほしい」と請託を受け、計17億ウォンの賄賂を受け取ったとして起訴された。

 S部長は発電用変圧器の落札の見返りとして、2012年2月から3月にかけ、3回にわたって計7億ウォン(約7600万円)を受け取ったことが分かった。また同年7月から昨年3月にかけ、停電時などに電力を供給する非常用ディーゼル発電機や代替用交流発電機の落札の見返りとして、知人を通じ10億ウォン(約1億890万円)を受け取り、そのうち4億5000万ウォン(約4900万円)を懐に収めた。このほか、新古里原発(釜山市機張郡)の社宅建設工事をめぐっても、4500万ウォン(約490万円)を受け取ったとされている。昨年に捜査を受けた際、自宅だけで現金6億ウォン(約6500万円)が見つかった。

 一審は、S部長が原発をめぐる不正行為を主導し、賄賂を要求するなど罪状が重いとして、検察の求刑(懲役7年)よりも重い懲役15年を言い渡したが、二審はすでに6億ウォンを押収された点や初犯であることを考慮し、懲役12年に引き下げた。大法院は、S部長が実際に受け取った約11億ウォン(約1億2000万円)のうち、押収された6億ウォンを国庫に収めるとともに、残りは追徴するよう命じた。一方、S部長に金を渡した現代重工業の社員・元社員6人のうち、5人には懲役3年−1年6月の実刑判決が、1人は執行猶予付きの判決が言い渡された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141225-00000825-chosun-kr
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



NEXT Entry
電気自動車の「バッテリー問題」にどう取り組むか
NEW Topics
川内原発再稼働、市民の反対の声強まる—中国メディア
再稼働の川内原発「臨界」到達…14日発電開始
原発再稼働、経済界は歓迎…電気料金上昇重荷に
川内原発が再稼働、正門前では約200人が抗議=欧米ネット「原発は再稼働し、民主主義は停止した」「やっとだな!原発の再稼働は進めるべき」
脱却「原発ゼロ」(中)収支改善、焦点は「玄海」へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930