FC2ブログ
ホーム   »   福島原発の状況  »  原子力災害のヨウ素剤服用、注意事項を明記−日医が医師向けガイドライン策定
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


 日本医師会(日医)は、原子力災害発生時の安定ヨウ素剤服用ガイドラインをまとめた。東京電力福島第1原子力発電所の事故で大量の放射性物質が放出された際、周辺住民へのヨウ素剤配布や服用で混乱が生じたことなどを踏まえ、医師向けに策定したもので、放射性ヨウ素による健康被害や内部被ばくなどの基本事項を明記。また、住民への事前説明会で助言する際に必要な服用のタイミングや副作用といった情報も盛り込まれている。【新井哉】

 昨年6月に改定された原子力災害対策指針には、原子力災害時の安定ヨウ素剤の事前配布などが追加され、原子力施設周辺の地方公共団体が住民に安定ヨウ素剤を事前に配布する際は「原則として医師による説明会を開く必要がある」(原子力規制庁)とされている。

 日医は、原子力施設事故による災害は、その施設周辺だけでなく、影響が都道府県内に広く及ぶことを想定。地域のオピニオンリーダーとしての役割を担う医師に対し、事前説明会で安定ヨウ素剤の効果や副作用などを説明する際の参考にしてもらおうと、ガイドラインを策定したという。

 ガイドラインでは、放射性ヨウ素が体内に取り込まれた場合、「甲状腺に蓄積し、それが放出する放射線によって数年から数十年後に甲状腺がんを発症する可能性がある」とし、甲状腺の内部被ばくの低減に効果のある安定ヨウ素剤の服用回数や量などを詳述。服用は全年齢が対象となっているが、「乳幼児と若年齢を優先させ服用させることが原則」などと具体的な優先順位も示している。

 また、治療中の住民に関する注意事項も明記。服用している薬剤と安定ヨウ素剤を併用した場合、「健康影響が起こる可能性がある」とし、カリウム含有製剤や降圧剤などを服用中の住民については、事前配布の住民説明会で、薬剤師の協力を得ることが望ましいとした。このほか、小児や妊婦、高齢者の注意事項も記載した。

 参考資料として、住民説明会の流れや、相互作用に注意が必要な薬剤一覧表なども掲載。日医の石井正三常任理事(救急災害医療担当)は「住民の被ばくリスク軽減のために、地域住民や地域行政に対して積極的に助言を行ってほしい」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140312-00000005-cbn-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



NEXT Entry
大陸の台湾弁公室、大陸訪台客の個人観光エリア拡大に前向き—台湾報道
NEW Topics
川内原発再稼働、市民の反対の声強まる—中国メディア
再稼働の川内原発「臨界」到達…14日発電開始
原発再稼働、経済界は歓迎…電気料金上昇重荷に
川内原発が再稼働、正門前では約200人が抗議=欧米ネット「原発は再稼働し、民主主義は停止した」「やっとだな!原発の再稼働は進めるべき」
脱却「原発ゼロ」(中)収支改善、焦点は「玄海」へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930