FC2ブログ
ホーム   »   福島原発の状況  »  板倉・印西市長:初登庁 手賀沼終末処理場問題、賛否の判断を保留 /千葉
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


ご覧頂きまして、ありがとうございます。

原発関連ニュースをお知らです。

 8日投開票の印西市長選で現職を破り、初当選した板倉正直市長(65)が30日、庁舎正面玄関で大勢の職員に出迎えられ、初登庁した。
 板倉市長は花束を受け取った後、3階大会議室で職員約200人を前に訓示。「市民はお客様という意識を徹底してください」と述べ、市民目線の市政運営をするよう求めた。
 その後の記者会見で、板倉市長は、県によって国の埋め立て基準(1キロ当たり8000ベクレル)を超えた放射性セシウムを含む汚染焼却灰の一時保管施設の建設が予定される手賀沼終末処理場(我孫子・印西市境)の問題について、「県からこの会見直前に『経過説明したい』と連絡があった。県がどういう方向でやろうとしているのか、よく話を聞いてみたい。私の判断は賛成、反対という状況にない」と態度を留保した。板倉市長は、市長選前には「賛成できない」と説明していた。
 また、一度、県が開催した住民説明会についも「不安におののく住民のためにも、とりあえず、しっかりとした説明を何回もやる必要があるのではないか」と住民理解に県が一層の努力をすべきだとの見解を示した。【橋本利昭】

7月31日朝刊

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120731-00000110-mailo-l12
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



お読みいただきありがとうございました。


早期の終息を祈って・・・

NEXT Entry
浄水処理汚泥からセシウム、年内に搬出へ/横須賀
NEW Topics
川内原発再稼働、市民の反対の声強まる—中国メディア
再稼働の川内原発「臨界」到達…14日発電開始
原発再稼働、経済界は歓迎…電気料金上昇重荷に
川内原発が再稼働、正門前では約200人が抗議=欧米ネット「原発は再稼働し、民主主義は停止した」「やっとだな!原発の再稼働は進めるべき」
脱却「原発ゼロ」(中)収支改善、焦点は「玄海」へ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930