FC2ブログ
ホーム   »  2015年06月04日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


 東京電力が福島第1原発の廃炉作業で出た高線量のがれきを原発敷地内で安定して保管する「固体廃棄物貯蔵庫」の新設を計画し、当初目標とした本年度中の完成を断念したことが28日、分かった。東電は2017(平成29)年2月の完成に目標を修正したものの、原子力規制委員会は安全対策の不備を指摘、施設設置を認めていない。建設が遅れれば、仮置きした高線量のがれきが周辺環境に影響する危険性もあり、廃炉作業の障壁となる恐れが出ている。
 双葉町の伊沢史朗町長が28日、都内で開かれた全国原子力発電所所在市町村協議会の総会で建設の遅れを指摘した。国側との意見交換の席上、伊沢町長は「事故収束のため町としてできることには協力している。東電の要請を受け、貯蔵庫の建設を認めるという非常に重い判断をした」と早期建設の必要性を訴えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150529-00010003-minyu-l07
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930