FC2ブログ
ホーム   »  2015年03月10日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


 東京電力は10日、福島第一原子力発電所で、汚染した雨水747トン(推定)が、タンクエリアの外に漏れ出し、地中にしみ込んだとみられると発表した。

 残った雨水から、1リットルあたり最大8300ベクレルの放射性物質が検出された。港湾につながる排水路では、今のところ、放射性物質の濃度に大きな変化は出ていないという。

 汚染した雨水が漏れたのは、汚染水を保管するタンク群の中で、「H4エリア」と呼ばれる区域で、二重の堰(せき)で囲まれている。内側と外側の堰の間にたまった雨水の水位が、9日夜から10日朝にかけて8センチ・メートルも下がり、東電が漏水に気づいた。

 内側の堰はコンクリート製だが、外側は土のうを積み上げたもので、今回の点検の結果、堰にすき間が見つかった。東電は「過去にも漏水が起きていた可能性がある」と説明している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150310-00050147-yom-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031