FC2ブログ
ホーム   »  2015年02月27日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


 東京電力福島第一原子力発電所で汚染された雨水が排水路を通じ外洋に流出した問題で、東電の広瀬直己社長は27日、原子力規制委員会の臨時会合に出席し、「漁業者や県民に不安を与えた。しっかり原因を究明したい」と陳謝した。

 更田豊志委員が「社内コミュニケーションに問題がある。それでは社会とのコミュニケーションは成り立たない」と指摘するなど、委員からは批判が相次いだ。田中俊一委員長も「深刻に反省しなければいけないし、きちんと対応できなければ安全の取り組みについての信用を得られないのではないか」と苦言を呈した。

 会合後、広瀬社長は記者団に対し、「漁業者がどういう思いを抱くのか、そうした(考えの)回路が回っていなかったことに尽きる。一から出直したいと思う」と述べた。

 また、宮沢経済産業相は同日の閣議後の記者会見で、積極的にデータの提供などを求めてこなかった政府の姿勢について、「港湾外の濃度が非常に低い濃度であることを監視していたが、少しうかつだったという気がする」と対応のまずさを認めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150227-00050133-yom-sci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728