FC2ブログ
ホーム   »  2014年12月07日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


 新進の現代美術家・加藤翼がネイティブアメリカンとアートプロジェクトを立ち上げる姿を追うドキュメンタリー映画『ミタケオヤシン』の公開前夜プレミアイベントが5日、新宿バルト9で行われ、加藤と江藤孝治監督のほか、スペシャルゲストとしてアート集団Chim↑Pomの卯城竜太、エリイが登壇。「アートは世界をどう変えるのか?」をテーマに、自由な雰囲気で語り合った。



 学生時代から友人同士だったという彼ら。卯城が「翼くんとは『アートで世界を変えるには?』とか『そういうことに関心のない日本のアートってどうよ?』とか、昔からよく話をしていた。今回の撮影直前にも、ニューヨークで一緒に友達のスタジオに寝泊りしながら話したよね」と語り始めると、加藤は「あのときはネイティブアメリカンに関わるとは思っていなかった。友人の紹介の紹介でつながって、彼らと友達になったのがきっかけ。あとアメリカのグローバリズムとその反対のローカリズムにも興味があったから」と経緯を明かす。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141206-00000020-flix-movi
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031