FC2ブログ
ホーム   »  2014年05月19日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


 日本の2012年のエネルギー自給率が6.0%と東日本大震災前(10年)の3分の1未満に落ち込んだことが18日、経済産業省の集計で分かった。東京電力福島第1原発事故後、「準国産エネルギー」と位置づける原子力の利用が年々減少しているためだ。

 経産省は6月に閣議決定する13年度の「エネルギー白書」に盛り込む。

 エネルギー自給率は、生活や経済活動に必要となる「1次エネルギー」のうち、自国内で確保できる比率。原子力発電燃料のウランは備蓄しやすく、使用済み燃料を再利用できるため、「準国産」と位置づけられてきた。

 原子力を含む1次エネルギーの自給率は震災前の10年に19.9%もあったが、原発事故のあった11年には11.2%、12年には6.0%と年々大きくダウンしている。

 昨年9月には、関西電力大飯原発3、4号機(福井県)が停止し、国内の稼働原発はゼロとなったため、13年のエネルギー自給率は5%台になるとみられる。

 経済協力開発機構(OECD)に加盟する先進34カ国のエネルギー自給率を比べると、日本は10年に29位だったが、11年と12年は韓国などに抜かれ、2年連続で33位と低迷している。

 経産省は、エネルギー安全保障の観点から、「アジアを中心に、原子力の利用拡大が見込まれる」と指摘する方針。

 このほか、13年度白書では、震災前に比べ電気料金が家庭向けで2割、企業向けで3割上昇する一方、節電などで電力消費量が8%減少した実態についても言及するとみられる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140518-00000003-fsi-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031