FC2ブログ
ホーム   »  2014年05月02日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


 東京電力は2日、福島第1原子力発電所の廃炉・汚染水対策を手がける社内分社「福島第1廃炉推進カンパニー」と英原子力施設関連企業のセラフィールドが、情報交換を柱とする「協力声明」に署名したと発表した。英国訪問中の安倍晋三も署名式に臨んだ。

 声明では、廃炉作業中の両社の原子炉を互いに視察するなどして情報を共有・交換するなどの項目が明記されている。

 セラフィールドは、使用済み核燃料の処理などを経験し、英国内で放射能漏れ事故を起こした原発の廃炉作業も進めている。

 一方、東電は今後、福島第1原発の廃炉作業を本格化させる。両社が技術面などで協力し、安全に廃炉作業を進める。

 増田尚宏・福島第1廃炉推進カンパニー最高責任者は「廃炉・汚染水処理で最新鋭の知見を持つセラフィールドと協力できるのは大変有意義」とコメントした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140502-00000521-san-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031