FC2ブログ
ホーム   »  2013年02月01日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


いつもお読みいただきましてありがとうございます。

原発関連ニュースをお知らせ致します。

 大林組は31日、旭化成ジオテックと共同で、放射性廃棄物の埋め立て時に上から「隔離層」をかぶせ、放射性物質が雨水で流出しない技術を開発したと発表した。

 この技術は、ポリエステル製の袋に、鋳型の材料などに用いる特殊な粘土、水などを配合してマット状の型枠を作製。この型枠で、放射性廃棄物を覆って埋め立てる。

 環境省は、福島第1原子力発電所の事故で放射性セシウムに汚染された廃棄物焼却灰や下水汚泥について、濃度が1キロ当たり8千ベクレルを超えるものを指定廃棄物に定めている。指定廃棄物は、平成24年11月2日時点で1都10県で約8万8千トンあり、今後も増える見通し。

 同社によると、新技術を活用すれば、既設の一般廃棄物の埋め立て処分場でも放射性廃棄物を処分できるという。同社は「雨天時でも作業できるほか、作業効率や安全性が高い」として、従来工法より20〜30%程度コストダウンができると説明しており、技術の普及を図りたい考えだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130131-00000604-san-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



お読み下さいまして、あろがとうございます。

また次回お会いしましょう。





スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728