FC2ブログ
ホーム   »  2012年10月06日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


いつもありがとうございます。

原発関連ニュースをお知らせ致します。

 牛久市は4日夜、東京電力福島第1原子力発電所事故の影響を把握するため実施している内部被ばく検査の中間報告会を同市下根町の牛久運動公園体育館で開き、約400人が参加した。報告した東大医科学研究所の坪倉正治研究員は、7月から9月29日までにホールボディーカウンター(全身測定装置)を使って検査した3987人から放射性セシウム137は検出されなかったと明らかにした。
 検査の対象は4歳から中3までの子どもが中心。坪倉研究員は検査を実施している福島県平田村の「ひらた中央病院」に勤務している。坪倉研究員は「セシウムは排出されるので昨年3月の事故直後の被ばく量は不明だが、現在の日常生活で食品を食べることなどで、多くの内部被ばくはしていない」と分析した。
 市によると、同市の4歳から中3までの対象人数は約8500人。うち約8割に当たる約7000人が検査を希望しており、現在も検査が続いている。【福沢光一】

10月6日朝刊

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121006-00000054-mailo-l08
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



お読みいただきありがとうございました。


早期の終息を祈って・・・

スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031