FC2ブログ
ホーム   »  2012年09月28日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


いつもありがとうございます。

原発関連ニュースをお知らせ致します。

 東京電力福島第1原発事故の影響で生じた高濃度の放射性物質に汚染された焼却灰や汚泥などの「指定廃棄物」の最終処分場について、環境省の横光克彦副大臣は27日、茨城県の橋本昌知事と県庁で面会し、候補地として同県高萩市上君田の国有林野を選んだことを伝えた。具体的な候補地の提示は栃木県矢板市に次いで2カ所目。

 橋本知事は「長く安全に保管しなければならないため、一カ所に集約するのは有力な方法」と理解を示す一方、「地元にとっては大きな問題」として、同市の理解を得るよう求めた。

 県によると、県内の放射性セシウム1キロ当たり8千ベクレルを超える焼却灰などの量は11市町で約3100トン(8月末現在)。うち約1700トン(8月3日現在)が指定廃棄物になっている。環境省は、設備配置に必要な面積は約1・1〜1・4ヘクタールとしている。

 横光副大臣は、報道陣に対し「広さも確保でき、地下水に影響もなく、人家も遠く離れていることなどを勘案して判断した」と選定理由を説明。同市には、26日に環境省と県の職員が報告をしたという。横光副大臣は「市には負担の掛かる施設のため、市と地域住民の理解が必要。必要性、安全性を訴えていきたい」と述べ、知事との会談後、高萩市役所を訪れ、草間吉夫市長に協力を要請する。

 1月に施行された放射性物質汚染対処特措法では、指定廃棄物処理は国が責任を持って処分するとしており、処理は指定廃棄物が発生した都道府県内で実施する。最終処分場は茨城、栃木、宮城、千葉、群馬の5県で設置を予定し、平成26年度中の完成を目指している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120927-00000520-san-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



最後まで、ありがとうございました。

早く終息するといいですね。





スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930