FC2ブログ
ホーム   »  2012年09月07日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


いつもありがとうございます。

原発関連ニュースをお知らせ致します。

 東日本大震災で生じた岩手県野田村の可燃系災害廃棄物について、横手市の五十嵐忠悦市長は23日開かれた市議会全員協議会で、来月11日から本格的に受け入れることを正式表明した。被災地のがれき受け入れ表明は大仙市、仙北市、秋田市、湯沢雄勝広域市町村圏組合に次いで5番目。横手市の受け入れ量は1日5トンで、平成26年3月末までに約2千トン処理する見込み。

 市では先月11、12日、同市睦成の市東部環境保全センターで、可燃系災害廃棄物約9トンを試験焼却。これまでの調査で、排ガスの放射性セシウム濃度などすべての項目で、国の基準値を大きく下回る結果が出ていた。

 五十嵐市長は表明にあたり、受け入れ終了まで各種測定・検査を続け、安全で安心な市民生活を確保していく意向を示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000006-san-l05
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



最後まで、ありがとうございました。

早く終息するといいですね。





スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930