FC2ブログ
ホーム   »  2012年07月06日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


いつもありがとうございます。

原発関連ニュースをお知らせ致します。

 日立造船 106 +5
 3連騰。子会社のアタカ大機 が溶融飛灰からの放射性セシウムの分離除去技術を開発したと伝わったことから、思惑買いが向かっている。また、5日に国土交通省国土地理院からGPS連続観測システム工事を受注したことも買い材料となった。GPS連続観測システムは、日本全国で約1200カ所に設置されている電子基準点と、電子基準点で取得したデータを処理する解析システムで、電子基準点の内、518カ所のGNSS受信機の更新と1024カ所のアンテナの交換等を実施する。

 アタカ大機 480 +49
 3連騰。一昨日、前日と連日のストップ高の余勢を駆って11%超上昇している。東証1部の値上がり率2位。溶融飛灰からの放射性セシウムの分離除去技術の開発が引き続き買い材料となった。出来高も急増しており、材料そのものよりも市場の関心は株式需給に移っている。日証金、大証金は、制度信用取引の新規売り・買いの現引きに伴う申し込み停止措置をとっており、今後は信用需給動向を横にらみの展開となる。

 米久 776 −32
 大幅安。東証1部の下落率上位にも顔を出している。2012年2月期第1四半期(3〜5月)の連結営業損益予想が1億9500万円の赤字となったことを嫌気している。国産食肉相場の下落に加え、広告宣伝費等の増加が影響している。4月には東京都内に首都圏事務所を開設、昨年11月より開始したテレビコマーシャルの放映エリアを今年4月からは関西、中国、四国、北陸地区にまで拡大するなどコスト増となった。

 セブン&アイ・ホールディングス 2457 +16
 続伸し4月4日以来の年初来高値更新となった。5日発表の2013年2月期第1四半期(3〜5月)の連結決算は小幅減益となったが、想定内とみられる。内需系を物色する動きの中で、中核銘柄として買われている。営業利益は673億円(前年同期比1.4%減)となった。コンビニエンス事業を中心に全事業で増収を確保したが、主にスーパーストア事業の利益後退が響き、小幅ながら営業減益となった。なお、SMBC日興証券は、同社の投資評価「2」、目標株価2800円を継続した。1Q微減益も会社計画通りと順調、ただし若干説明不足の印象を受けたと指摘。前年1Qは震災の影響で閉店していた店舗の経費が41億円特損計上されていたこと、前年1Qとの比較ではセブン−イレブン・ジャパン(SEJ)においてアイランド什器やLED投資が十数億円増加したこと等の説明が不十分だったように思われるという。これらの要因を考慮すれば、おおむね想定内の数字と日興では考えるそうだ。

 日置電機 1393 −20
 5日続落。5日に2012年12月期予想を減額修正し嫌気された。連結営業利益は従来予想の25億2000万円から21億円(前期比7.8%増)に下振れした。期末配当も従来計画の20円から15円に減額。海外半導体メーカーの生産調整により自動試験装置の海外売上高が低迷しているとしている。

 前澤工業 221 −7
 続落。5日発表の2012年5月期の業績予想の減額修正を嫌気した。連結営業利益は従来予想の7億5000万円から6億4600万円に下振れした。国や地方自治体などの予算執行が遅れたことが影響している。

 イワキ 183 +8
 大幅高。前日比4%超上昇に東証1部の値上がり率上位に浮上した。きょう午前10時に、2012年11月期上半期(2011年12月〜12年5月)の単体業績予想を増額修正し、好感された。営業利益は従来予想の3億円から3億4300万円(前年同期比16.2%減)に上振れた。薬品原料・香粧品原料部門が苦戦を強いられたが、利益については当初の予想を上回った。

 タクトホーム 72400 +2700
 上伸。5日発表の2012年5月期の期末配当の増額を好感した。12年5月期の期末配当は従来計画の2200円から2500円に増額する。収益拡大に対する会社側の自信の表れとの見方が出ている。

 システムインテグレータ 124500 +3500
 東証マザーズ市場で後場に入り大幅高。昼休み中に2013年2月期上半期(3〜8月)の業績見通しを上方修正し、好感された。営業利益は従来予想の1億2000万円から1億5000万円(前年同期比66%増)に上振れた。前事業年度以前の開発投資であるパッケージソフトウェア製品の償却が進み、償却費負担が大きく減少した。プロジェクト管理が徹底された効果により、前事業年度に引き続き高い利益率を維持している。

 TOWA 605 +18
 主力大証で一段高。国内証券が新規に投資判断「A」、目標株価900円とし買い材料となった。同証券では、「足元の受注改善、中期的な新製品群の寄与期待などを評価ポイント」としたうえで、「LED関連装置の需要回復、シンギュレーション装置への期待感、財務体質の改善傾向」などに注目している。(編集担当:佐藤弘)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120706-00000050-scn-biz
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



お読みいただきありがとうございました。


早期の終息を祈って・・・

スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031