FC2ブログ
ホーム   »  2012年05月20日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


いつもお読みいただきましてありがとうございます。

原発関連ニュースをお知らせ致します。

 震災がれき焼却処理の受け入れを検討している高島市は19日夜、焼却施設・市環境センターの地元である今津西地区の会合で、検討方針を初めて説明した。住民からは、受け入れに対する不安の意見が相次いだ。
 今津西地区区長会が主催する防災出前講座の中で行い、市民約40人が出席した。震災がれきに関する説明前に、市は区長会を通じて報道機関の退席を求め、非公開とした。
 複数の出席者によると、この中で市市民環境部は、年1千トンの範囲内で、安全性や搬出元が明確ながれきに限り受け入れを検討する方針を説明。「市民の7割程度が前向きであること」を受け入れ条件とする、市民グループ会合(19日)での市長発言も紹介した。
 出席者からは「市民の7割というが、人口の少ない地元が皆反対でも、地元以外が賛成なら受け入れるのか」との疑問や、地元への説明不足、焼却炉の老朽化、放射性物質の拡散を懸念する発言があった。震災後の放射性物質の規制値設定や、高額の輸送費を使う広域処理など、国方針に対する批判の声も出た。
 市は、放射性セシウムの除去徹底など、取り得る対策を説明し、がれき受け入れに関しては「決定ではなく、前向きに検討している段階だ」と繰り返した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120520-00000016-kyt-l25
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031