FC2ブログ
ホーム   »  2012年03月28日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


ご覧頂きまして、ありがとうございます。

原発関連ニュースをお知らです。

 東日本大震災で発生したがれき処理の問題を東京大の学生らが議論する「3・11のガレキを考えるプロジェクト」(共催・時事通信社など、特別協力・環境省)は28日、放射能汚染に対する国民の不安を解消するため政府に一層の情報開示などを求める提言をまとめた。近く環境省に提出する。
 提言は、がれきの安全性への理解が広がらないのは、東京電力福島第1原発事故後の政府の情報提供の遅れが背景にあると指摘。がれきの安全基準(放射性セシウム濃度が1キロ当たり8000ベクレル以下)を決定した検討過程を公開するなど、国民が放射能の危険性を冷静に判断できるよう情報開示を強化し、悪循環を断ち切るよう求めた。
 また、岩手県釜石市でがれきを使ったラグビー場建設が計画されていることを紹介し、被災自治体でのがれき処理の取り組みをデータベース化するよう要望。がれき処理と復興に向けたまちづくりが切り離されている現状を批判した。
 さらに、がれきの受け入れをめぐっては反対意見ばかりが目立っている一方で、「被災者には遠慮があり不満や要求をすることが少ない」と強調。実際には受け入れに理解を示す「サイレントマジョリティー」がいるとして、意見交換の場を充実させる必要性を訴えた。 



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120328-00000135-jij-pol
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031