FC2ブログ
ホーム   »  2012年02月15日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


 11年ぶりに再始動したHi−STANDARD(ハイスタ)で熱さを爆発させているのが、ボーカル&ベースの難波章浩(41)。ギター、横山健(42)との仲違いをうわさされたが、その横山とドラム、恒岡章(40)と3人そろって昨年9月、ステージに立ち、話題をさらった。



 「日本を90年代のころのように元気にすること。あきらめないって伝えること。それが再始動したハイ・スタンダードの任務だ」。難波から、復活、その契機となった東日本大震災の被災地、被災者への熱い思いが噴き出す。

★休止のショックで混沌の日々

 2000年に人気絶頂の中、活動を休止したハイスタ。難波は「当時は本当にどうしようもなかった。ついに人生が終わるかなって」と振り返る。本気で「音楽で人前に出るのをやめよう」と思って、毎日を過ごしていた。

 一生続けると思っていた活動が止まってしまったショック。「酒を飲むか、釣り堀に行く日々。酔うとつい暴言を吐き、一緒にいる相手を悲しませてしまった」。ほどなく断酒したが、今後は逆にそれがストレスとなり、またしても暴言。インターネット上にメンバーを糾弾する文章を投稿したこともあった。

 「あれは『オレもいるよ。ハイスタは解散じゃなくて、あくまでも活動休止なんだよ』というサインだったんだけど。投稿した後、『ごめんね』って謝ったよ」と今では笑顔で話すが、当時は自主レーベルの代表取締役をも務める横山との間に深い溝ができた。事務所に来ることもできず、電話で話すこともできなかった。活動再開のめどが立つことはなかった。

★真っ暗な被災地でガソリンを渡した

 2011年3月、東日本大震災が起こった。難波は実家があり、現在の活動拠点である新潟に妻子といた。山形経由で妻の故郷、宮城県登米市に車を走らせた。

 真っ暗な被災地、失われた道。最後まで到着することはできなかった。その後、車に食料とガソリンを積んで、再び向かった。「だけど、自分の車の燃料が漏れちゃって…」。引き返す途中で、ガス欠の車で瀕死の状態だった3人を見つけた。「『おじさん!ガソリンあげるからっ』って起こして。よかったなあって…」。インタビュー中、こう話しながら、みるみる難波の目に涙がたまった。

 強烈な経験は、憤りも呼び起こした。「放射能の影響がどうなっていくのか不安。あのままにしていてはいけない。みんな、もっと頭を使ってほしい。せめて、子供にオモチャを買ってあげられるような、それぐらいの補償はできないのかって思うんだよね」

 新潟が拠点の難波は、東京ではマスクを外さない。東京都世田谷区にある事務所でのインタビューでも、ポーズ撮影以外ではマスクをしていた。

 誰かを否定しているわけではない。起こってしまったことに対し、対応しなければならないと訴えているだけだ。「被災してる人たちを守ってください。それをメッセージにしたい。一番大切なのは心だ」

 あまりにも甚大な被害。被災者、そして被災地を考えると、横山とのけんかの内容なんて「大したことない」と気づいた。胸に湧き上がってきた思い、それは「あきらめない」だった。(産経デジタル・嶋中貴史)(敬称略、明日に続く)




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120215-00000523-sanspo-ent
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 1234567891011121314151617181920212223242526272829