FC2ブログ
ホーム   »  2012年01月25日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


ご覧頂きまして、ありがとうございます。

原発関連ニュースをお知らです。

 東京電力福島第1原発事故を受け、ホールボディーカウンターを使った福島県民の内部被ばくの検査で、検査にあたる2団体は25日、検出された放射線量の評価基準を見直すと発表した。2月1日以降の検査結果については、食事など日常生活で摂取した放射性物質として評価する。

 内部被ばくの検査では、これまでは検出値をもとに、原発事故が発生した直後に吸い込んだ放射性物質の線量を推計してきた。しかし、事故発生直後に取り込んだセシウムは時間がたつとともに減衰する。このため基準を改め、検査結果から割り出す内部被ばく量の推計値を実態に近づける。

 検査を実施しているのは、放射線医学総合研究所と日本原子力研究開発機構。

 同研究所によると、子どもの場合、セシウムは30〜40日で半分が体外に排出される。このため、原発事故の発生時に取り込んだセシウムは現時点で、0.3%程度にまで減衰しているという。

 こうした状況を勘案し、これから検出される放射線量については食事などで日常的に摂取したと評価するのが科学的に妥当と判断した。【乾達】



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120125-00000112-mai-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



最後まで、ありがとうございました。

早く終息するといいですね。





スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031