FC2ブログ
ホーム   »  2012年01月20日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


お世話になっております。

原発関連ニュースをお知らせ致します。


 京都市教育委員会は、学校給食の食材のうちコメや肉、野菜などの「一般食品」に含まれる放射性物質について、国の新基準値案の半分を限度とする独自基準値を設定することを決めた。一般食品のほかの食材についても、現行より厳しい国の新基準値案を先行して導入することとし、独自基準値と合わせて20日から適用した。
 今年4月から適用される国の新基準値案は、食品1キログラムあたりの放射性セシウムの限度値を、コメや肉、野菜の一般食品については現行の500ベクレルから100ベクレルに、牛乳、乳児用食品については200ベクレルから50ベクレルに引き下げた。
 市教委の独自案では、一般食品の基準値を、牛乳などと同様に50ベクレルと設定。厚生労働省は、セシウムによる内部被ばくの影響を牛乳よりも低く見積もったのに対し、子どもが食べる学校給食の特殊性から、牛乳などと同じ影響を見積もった。
 この日から適用を始め、入荷した茨城県産ニンジンを市衛生環境研究所(中京区)で調べたが、セシウムは検出されなかった。
 給食食材の放射性物質をめぐっては保護者の不安が強く、市教委は昨年6月から食材の放射線検査を実施している。独自基準について、市体育健康教育室は「学校給食として最大限の配慮を考える中で決めた」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120120-00000034-kyt-l26
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031