FC2ブログ
ホーム   »  2011年11月12日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


いつもお読みいただきましてありがとうございます。

原発関連ニュースをお知らせ致します。

 福島県須賀川市で12日、同市の伝統行事で、全国三大火祭りに数えられる「松明あかし」が行われた。たいまつの材料となるカヤから放射性セシウムが検出され、一時は開催が危ぶまれたが、全国から材料が提供され実現にこぎ着けた。住民や観光客らは、真っ赤に燃えるたいまつを前に、東日本大震災の犠牲者の追悼と復興を祈願した。
 松明あかしは400年以上の歴史を持ち、カヤと竹で作った長さ10メートル、重さ3トンの大たいまつを燃やす火祭り。同市内で7月に採取したカヤから、微量のセシウムが検出されたことから、放射能汚染を危惧する市民感情を考慮し、9月初めから全国に材料提供を呼び掛けていた。
 約2カ月間で、石川県輪島市や秋田市、長野県飯田市など全国の自治体や団体から開催に必要なカヤや竹の提供を受け、22本の大たいまつが完成した。実行委員会の担当者は「大変感謝している。従来通り開催できてうれしい」と声を弾ませた。 



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111112-00000115-jij-soci
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



最後まで、ありがとうございました。

早く終息するといいですね。





スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930