FC2ブログ
ホーム   »  2011年08月29日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


お世話になっております。

原発関連ニュースをお知らせ致します。


 十日町市の保育施設2カ所の汚泥などから1キロあたり最大2万7000ベクレルの放射性セシウムが検出された問題で、県は27日、現地測定などの結果、福島第1原発事故で飛散した放射性物質が降下し濃縮された可能性が高いと発表した。同市や隣接する南魚沼市では、他にも放射性物質が集積した場所があるとみて、調査を開始した。
 県によると、今年3月15日の全国各地の放射線量を比較した研究資料などから、群馬県上空を経由して放射性物質が十日町市や南魚沼市に降下した可能性が高いことが判明。また現地測定の結果、屋根やプールなど広い面積に降り積もった放射性物質が1カ所に集積され、濃度が高まったことも分かった。
 県では、同様に降下物が集積された場所がある可能性が高いとして、測定機器を十日町市や南魚沼市に貸し出して既に調査を開始。また空間放射線量を測定するため、28日から走行中に放射線量を測定できるモニタリングカーで十日町市などを巡回する。【塚本恒】

8月28日朝刊





最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031