FC2ブログ
ホーム   »  2011年08月21日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


いつもお読みいただきましてありがとうございます。

原発関連ニュースをお知らせ致します。

 独立行政法人「農業・食品産業技術総合研究機構」の農村工学研究所(農工研、茨城県つくば市)は20日、東京電力福島第1原発事故で計画的避難区域に指定されコメ作付けが禁止されている福島県飯舘村で、水田の土に残った放射性セシウムを除去する実証実験を始めた。現状では薬剤費だけで1平方メートル当たり170円かかり、実用化へコスト低減が課題となる。
 農工研は、粘土質と結合すると水に溶けにくくなるセシウムの性質に着目。実験ではまず、土壌に悪影響のない固化剤を水に混ぜてホースで散布。約1週間で水分が蒸発すると、放射性セシウムを含む土が表面から数センチの厚さで白いかさぶた状に固まり、それを農機で剥がすと土壌の放射線濃度が下がる仕組み。この日は約10アールの水田に固化剤を散布した。
 農工研は実験に先立ち近くの土壌の汚染状態を調査。地表から2.5センチまでは1キログラム当たり6万5900ベクレルだったが、2.5〜5センチまでは1330ベクレル、5センチ以下ではほとんど検出されなかった。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031