FC2ブログ
ホーム   »  2011年07月18日
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

Powered by Ayapon RSS! オススメ Appleオークション ペニオク


いつもありがとうございます。

原発関連ニュースをお知らせ致します。

 東北とともに。サッカー女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で優勝した日本代表は、東日本大震災の被災地を勇気づけようと戦った。2度もリードされたが、あきらめなかった。ピッチには岩手県出身の選手、そして東京電力福島第1原発事故の影響で活動休止に追い込まれた東電サッカー部の元部員らの姿もあった。(高久清史)

 ■「最高の親孝行」

 《東北のみなさんへ 忘れたことはありません》

 表彰式を終えた後、岩手県滝沢村出身のDF、岩清水梓選手(24)がスタンドなどへ向けて掲げた日の丸に、手書きのメッセージが書かれていた。

 滝沢村には生後10カ月までしかいなかったが毎年1月に里帰りし、今年1月にはサッカーの功績が認められ村の特別表彰を受けた。「村では心が落ち着く」と口にするといい、祖父の奨さん(77)は「村の人間ですよ」とほほえむ。

 震災後、自身のブログに《被災地のことを考えると正直辛いです。今、私にできることはサッカーを通じて明るいニュースを届けること》と書いた。ブログには「東北とともに」「東北魂」という言葉がたびたび登場した。父の司さん(49)は「熱くなるタイプではないが今大会は気持ちの入り方が違った」。大会直前、娘に「いよいよ始まるな。18日まで帰ってくるな」とメールを送った。返信は「そのつもりで頑張りますわ」と力強かった。

 この日、司さんはドイツのスタンドで娘の姿を見守った。試合後、岩清水選手はスタンドの方へ向かい、最前列で司さんとフェンス越しにタッチした。

 「最高の親孝行。娘の思いが東北に届いてくれたらうれしい」。司さんはそう話した。

 滝沢村では大会中、村役場近くにある公民館で村民に交じり、前列でテレビ画面を食い入るように見る奨さんの姿があった。「よく頑張った。東北の励みなった」と孫娘をねぎらった。

 ■被災地に元気を

 「頑張ってくる」

 決勝前、DFの鮫島彩選手(24)から三重県伊賀市のチーム「伊賀FCくノ一」のMF、松長佳恵選手(26)へメールが届いた。2人は東電女子サッカー部「マリーゼ」のチームメートだった。

 鮫島選手は女子サッカーの名門、常盤木学園高(仙台市)を経て東電へ入社し第1原発で今年3月まで5年間、事務職として勤務した。震災当日は合宿のため宮崎県へ向かっていて無事だった。

 事故の影響で選手は自宅待機となり、今季の活動は自粛した。部員26人のうち鮫島選手や松長選手ら10人ほどは他のチームへ移籍し、他の選手は移籍先を探すなどしている。西沢俊夫社長(60)はサッカー部など実業団スポーツについて「維持できない」と廃止の方針を明言した。

 鮫島選手の母、佳代子さん(52)は「マリーゼはすごく仲がよく、娘はみんながばらばらになったことを悲しんでいた」と話す。「こんな状況でサッカーをしていてもいいのだろうか」と悩み抜いたというが、チームメートや支援者から「彩はサッカーを続けたほうがいいから」と背中を押され、米国ボストンのチームへ移籍した。

 松長選手は「福島を離れることに申し訳ないと思ったはず。福島の人たち、被災地を元気づけようとプレーしていた」。大会中には「みんなのメールが励みになる。試合前も後も温かいメールをくれるから頑張れる」とのメールが届いた。

 戦い抜いた仲間へ松長選手はこう伝えたいという。

 「プレッシャーや、いろいろな思いがあっただろうけど、よく戦ってくれた。お疲れさま」





お読み下さいまして、あろがとうございます。

また次回お会いしましょう。





スポンサーサイト



プロフィール

原発見守り人

Author:原発見守り人
南相馬市に親戚がいる40既婚男です。
毎年車で遊びに行くので、福島第一も第二もドライブ途中の風景でした。
それが今では日本全体を揺るがす場所になってしまったとは今でも信じられません。
原発情報を発信しながら早く平和な土地に戻ってくれることを切に願っています。
(写真はアクアマリンふくしまのシーサー君)


Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031